Kira's Sketchホームへ掲示板へ綺羅ブログへプライバシーポリシー
プロフィール ディスコグラフィー インフォメーション きらず スケッチ リンク 綺羅ショップチャンネル サイトマップ
うららか茶房記
(サイマルラジオ版)
うららか茶房記
(2006年世田谷FM版)
ライブレポート
アクティブレポート
徒然日記

うららか茶房
サイマルラジオ版

第008話
第007話
第006話
第005話
第004話
第003話
第002話
第001話
うららか茶房記
第3話 2012.07.09〜13 OA
7月は別名<文月>
これは一説によると七夕には短冊に文や歌を書いて
書の上達を祈ったからとか、、

古からどれだけの願い事が星に託された事でしょうね、、

天の川霧立ちわたり彦星の
   かぢの音聞こゆ夜の更けゆけば
       詠み人知らず 万葉集より

(夜が更けて天の川に霧がかかる夜空を眺めていると
     彦星が織り姫のもとへと漕ぐ舟の舵の音が聞こえてくるようです)

昔の空は街の灯りも無くさぞや美しい天の川が人々の心にロマンを与えていた事でしょう。。


第2話を見る 第4話を見る
   
Copyrights 2006 Kira, Tokyo, JAPAN. All Rights Reserved.